※入札オーダー受付・規約確認

メモ: * は入力必須項目です

※入札オーダー規約

依頼人(以下甲とする)は上記車輌を記載の条件に基いて購入の為、

株式会社ファンタジスタ(以下乙とする)に落札を依頼するものとする。

 

【第1条:落札に関して】

甲の落札依頼車両は乙が上限金額以内で入札するが、乙の判断で意図的に入札金額がセリ上がらないように入札を控え、流れ車両にした後に商談落札をする方法もあり得るものとする。

乙は甲が決めた上限金額を超えない入札をするが、状況によりセリ合い担当スタッフの判断で5千円~1万円を超えて落札する場合があり、その場合乙が甲へ請求できるが甲は上限を超えた金額分については支払いを拒否できるものとする(ただし落札をキャンセルする事はできない)。

【第2条:クレームについて】

乙は落札成約した車両をオークション出品表に基づき判断し現車をチェック後、万一出品表記載内容に相違(記載にない凹みや傷・機関の不具合・事故履歴やメーター改ざん等の重大な瑕疵)があった場合は落札会場のクレーム期限内にクレーム申請をするものとする。

甲はクレーム対応を全て乙に任せ各オークション会場の基準に従いオークション仲介代行を行う乙に対して如何なる事態があっても損害賠償の請求をしないものとする。

【第3条:保障について】

甲は業者間オークションの取引所から乙に代行落札を依頼する方式になるため、原則車両は現状販売とする。

ただし以下の保証方法が存在します。

※乙が納車前整備点検時に行った整備内容に関しては保証する。

 

①新古車

新古車や新車登録より5年未満(輸入車は3年)の車両はメーカー保証が全国のディーラーで継承可能なので乙が保証継承手続きをサポート致します。

②中古車

メーカー保証が切れてしまっている車両でも国産車輸入車問わず大手保証会社の保証システム(有料)を利用する事により全国のどなたでも安心して保証を受けられます。

 

【第4条:手付金と代金清算について】

甲は落札依頼後、当該車両のオークション開催日前日15時までに乙が指定する口座へ手付金として落札上限金額の10%以上(超高額車両は応相談)を事前入金するものとする。

※全額銀行ローンまたはアプラスオートローンの場合でも手付金は必要になります。

その場合ローン代金が乙に入金され次第振込手数料を差し引いてのご返金になります。

 

①落札できた場合

手付金はそのまま頭金として乙が預かり残金は開催日含む5日以内に振込にて清算するものとする。

※銀行ローン・乙指定のアプラスオートローンを使用する場合は別途条件

  

②落札できなかった場合

次回の車両入札時のために乙が預かりまたは甲の申し出により甲の指定口座へ3営業日以内(金融機関休業日除く)に振込み手数料と入札手数料を差し引いた金額を振込むものとする。

 

【第5条:初回入札手数料について】

甲は乙に対し初回入札手数料2,000円(税別)を支払うものとする。

初回入札手数料は初回のオークション参加時のみ落札の成立、不成立に関わらず必ず掛かる費用で、2回目以降も同額掛るが乙で落札購入が決定した場合は2回目以降の入札手数料は2,000円(税別)×入札回数分は返金されるものとする。 

 

【第6条:銀行ローン・アプラス使用時】

①銀行ローン

甲が銀行ローンを使用する場合は与信が通っていても乙が確認できないため、乙指定のアプラスオートローンの仮審査を入札日前日の15時までに済ませるものとする。

落札後は直ちに乙に対し入金日と銀行名、支店名、担当者連絡先を伝えるものとする。

 

②アプラスオートローン

入札日前日の15時までに仮審査を済ませるものとする。

落札確定後は翌日までに本申込を済ませるものとする。

 

【第7条:保管場所について】

甲は本依頼に際して、該当車両の車庫を確保し名義変更に支障がないことを約束するものとする。

【第8条:キャンセルについて】

甲は落札成約車のキャンセルは一切出来ないものとする。

止むを得ない理由で落札成約車両をキャンセルする場合、落札オークション会場規約上の損害賠償額、乙の損害実費額を手付金預入額から差し引き支払うものとする。

オークション会場の規約上キャンセルできない場合は一旦当該車輌を甲名義に変更し、オークションに出品して売却する。

その際の費用全額を手付金から支払う事を約束し、手付金でも足りない場合は損害額を振込にて乙へ支払うものとする。

また、そこでの損益に対しては一切意義を申し立てない。

 

 

 

【入金先口座】

東日本銀行

青山支店(152)

普通口座0005710

株式会社ファンタジスタ